今日は端午の節句。日本の5つの節句、言えますか?

こんにちわ、恵実です。

今日は端午の節句、子供の日の祝日ですね。

日本には、1年に5つの代表的な節句があります。
 

1月は七草の節句
3月は桃の節句(ひな祭り)
5月は端午の節句(子供の日)
7月は七夕の節句
9月は重陽の節句

節句はもともと中国から伝わった季節の変わり目、そして暦上の節目の日であり縁起の良いと言われている奇数が重なる日に設けられています。 
今では、3月の桃の節句、別名ひな祭りの日と5月の端午の節句、別名菖蒲の節句、そして七夕の節句などは比較的知名度が高いと思います。

それぞれに縁起の良い食事を用意してお祝いをする事が古くから行われてきました。

今日が節句の端午の節句に関しては、中国で蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)を使って邪気を払ったことを起源に、鎌倉時代に菖蒲と尚武(武勇を重んじること)の読みが同じだったことから、男の子の成長や出世を祈る日となっていきました。

この日の代表的な料理は、ちまきや柏餅がありますが、男の子の成長と出世を祈る日として用いられる食材は、旬でもあり、上に真っすぐ伸びる筍や、縁起の良いとされているエビ、あとは出世魚と言われる、ブリや鰹、スズキ、ボラ等が良いとされています。この時期の初鰹を用いるのも良いと思います。

でも、こんな風に色々細かく意味付けなくっても、想いが込もっていて、意味が伝わればいいと思っています。

想いや願いを表す事ができる折角の年に5回のタイミングを大切に過ごせるといいですね☆!

こういう食文化も含めて、和食がユネスコ世界文化遺産に認定されたこともあると覚えておくといいなと思います。

私は今日は筍とエビ、蓮を使ったちらし寿しを作ってみました♪
筍のお吸い物や、デザートに柏餅などあったらもっと良かったかな~と想いますが、気持ちだからまぁいいか☆

端午の節句