江戸茶輪

edocharin_image01「日本のことをもっと良く知りたいけれど、どこから入ればいい?」と思っていませんか?それは、茶の 湯の中に全て含まれています。茶の湯とは、お茶はもちろんのこと、食や酒、焼物、書道、お花、着物 だけでなく、その他様々な日本伝統技能や概念を包括した全体を指します。茶の湯を知れば、日本への 見方や想いが変わると私たちは信じています。

“江戸茶輪” はこの茶の湯を誰もが気軽に楽しめるようにレトロな自転車にお茶道具を乗せて、道を通る さまざまな人に茶の湯体験を提供しています。近くを通る際は、日本を知るの入り口として気軽にお立ち 寄りください。

edocharin_image002

江戸茶輪とは

京都で出会った素敵な移動式茶室を江戸で再現してできたのが「江戸茶輪」です。自転車にお茶道具
を乗せて、道行く人にお茶を振る舞います。形に捕われず、場所が限定されない移動式なのでどこで
も茶の湯を体験できます。ビジネス街や公園といった場所で非日常を演出し、茶と人との出会いの窓口
になるだけでなく、千利休の茶の心を次世代に残していくひとつの要素となっていくことを願って、
気軽に楽しめる完全ウォーク・イン制の「カジュアルお抹茶」をより多くの人に味わっていただきます。

添付4
出張も承っています。写真は、東京・八芳園にて

※随時、Facebook ページにてご案内します。

※冬の間、江戸茶輪は一時休業です

Facebookページへ>